本文へジャンプメインメニューへジャンプ
IZUMI CITY WEB SITE 出水市
Facebook 携帯サイト サイトマップ ご意見箱 E-mail
文字の縮小 標準 拡大

水道

  1|234 次へ >>

1.給水工事について

 水道の新設・改造、給水器具取付等の工事は、あらかじめ水道課への申請が必要です。詳しくは、水道課又は出水市指定の給水装置工事事業者(以下「指定工事事業者」)へご相談ください。

2.修繕工事について

 修繕工事は、施工した指定工事事業者か、お近くの指定工事事業者に依頼してください。
 特に急を要する場合などは、出水市が委託している修繕工事当番事業者へ直接ご連絡ください。


修繕工事当番事業者連絡先
出水地域(荘地区を除く) 090-7397-7898
高尾野・野田・荘地域 090-7154-7490

3.各種届出について

(1)水道の使用開始について

  • 水道を使用開始される場合は、前もって(4〜5日前)水道課へ電話等でご連絡ください。
  • 使用開始のときは「使用申込書」を水道課へ提出してください。(電話等で申込みをされた場合でも申込書の提出が必要です。)
  • 開栓時はできるだけ立ち会うようにしてください。

(2)水道の使用中止について

  • 水道の使用を中止される場合は、前もって(4〜5日前)水道課へ電話等でご連絡ください。

(3)使用者の名義変更について

  • 使用者の名義変更をされる場合は、「使用者変更届」を水道課へ提出してください。

4.料金のお支払い方法について

 お支払い方法は、指定した口座からの口座振替と納入通知書により金融機関等の窓口で直接お支払いいただく方法があります。
 料金のお支払いは、安全で便利な口座振替払いをおすすめしています。
 口座振替払いの手続きは、銀行・郵便局・農協等の窓口又は市役所(本庁・支所)水道課でお申し込みください。(通帳と口座の届出印鑑をお持ちください。)
 水道料金は必ず納期限(月末)までに納入してください。納入されない場合は、やむをえず給水を停止することがあります。
 下水道に接続されているところは、下水道料金も合わせて請求されます。
  料金については次のとおりです。

5.メーター検針にご協力を

メーターの検針は、毎月1日から約1週間行います。検針がスムーズに行えるよう、以下の事にご協力ください。

  1. メーターの周りは、検針しやすいようにきれいにしておいてください。
  2. メーターボックスの上に、車や物(防寒対策で板を乗せる場合を除く)を置かないでください。
  3. 犬は、出入口やメーターボックスから離れた場所につないでください。
  4. 増改築などをするときは、メーターを検針しやすい場所に移してください。

6.検針票をご確認ください

 検針時に今回と前回の使用量及び請求予定金額を記載した検針票『上下水道使用量のお知らせ』をお渡ししていますので、ぜひご確認ください。
 使用量が大幅に増えている場合等は、メーターをご確認ください。水道の蛇口等を全部閉めた状態にして、メーターのパイロット(銀色の多角形)が回転していれば漏水が考えられますので、指定工事事業者にご相談ください。

7.防寒対策について

 厳寒時は、メーター、蛇口、水道管などが凍って破損することがありますので、メーターボックスには板などをのせ、露出している水道管や蛇口には布などを巻いて保護してください。
 凍結してしまってもあわてずに、ぬるま湯でゆっくりとかしてください。

8.使用料の減免等について

 自然災害(地震・台風等)により水道に被害を受けた場合は、すぐに指定工事事業者に依頼し、修繕を行ってください。
 給水装置は、所有者及び使用者が責任をもって管理しなければなりません。漏水を発見した場合は、至急、指定工事事業者に修理を依頼してください。
 しかし、いくら注意を払っても、気づかないうちに漏水していることもあります。自然災害によるものや、発見困難な漏水は使用料の減免を受けることができますので、印鑑を持参のうえ、減免申請を行ってください。

9.給水負担金について

 新設又は増径の工事をする場合は、工事費のほかに給水負担金が必要です。金額は、次の表のメーター口径ごとの金額に消費税を加算した額です。
 なお、増径の場合の負担金の額は、増径前の口径に係る負担金の額と増径後の口径に係る負担金の額との差額となります。

(税抜き) ※税抜き表示に変更しましたのでご注意ください。

口径 金額 口径 金額
13mm 25,000円 40mm 280,000円
20mm 40,000円 50mm 600,000円
25mm 80,000円 75mm 1,200,000円
30mm 140,000円 100mm 2,000,000円

※口径150mm以上の給水負担金の額は、水道課にお問い合わせください。



10.指定工事事業者の認定について


 出水市で水道工事を行うには、市の指定工事事業者として認定を受けなければ工事を行うことはできません。市の指定工事事業者として認定を希望される事業者の方は、指定申請書を水道課に提出してください。

  ※1 指定申請には、番号の@〜Cまでの書類を提出してください。
  ※2 認定後に変更事項が生じたらC〜Eの書類を提出してください。

【指定工事事業者指定申請書様式】

番号 各 種 申 請 書 様式 添付書類の必要
@ 指定給水装置工事事業者指定申請書(表面) WORD
           〃            (裏面) WORD
A 誓   約   書 WORD
B 機 械 器 具 調 書 WORD
C 給水装置工事主任技術者選任・解任届出書 WORD
D 指定給水装置工事事業者指定事項変更届出書 WORD
E 指定給水装置工事事業者(廃止 休止 再開)届出書 WORD
※添付書類については下記をご覧ください。
添付書類
番号 各 種 申 請 書 届出期間 添付書類
@ 指定給水装置工事事業者指定申請書 随 時 法人 登記簿謄本
定款(写)[原本証明をする。]
給水装置主任技術者免状の写し
個人 住民票抄本
給水装置主任技術者免状の写し
C 給水装置工事主任技術者選任・解任届出書 遅滞なく届出 給水装置主任技術者免状の写し
主任技術者の氏名の変更又は免状交付番号の変更
主任技術者が欠けた場合 14日以内に新たに選出して届出
D 指定給水装置工事事業者指定事項変更届出書
事業所名称及び所在地の変更 変更から30日以内 法人 登記簿謄本
定款(写)[原本証明をする。]
個人 住民票抄本
代表者氏名の変更 法人 登記簿謄本、誓約書
定款(写)[原本証明をする。]
個人 住民票抄本
誓約書
法人事業者の役員の変更 誓約書、登記簿謄本
E 指定給水装置工事事業者(廃止・休止・再開)届出書
事業の廃止 廃止から30日以内 指定証書(返却)
事業の休止 休止から30日以内
事業の再開 再開から10日以内


Adobe Acrobat ReaderのダウンロードサイトへPDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Systems社のAcrobat Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Acrobat Readerのダウンロードサイトからダウンロードし、インストールしてからご覧ください。
出水市サイト外へAdobe Acrobat Readerのダウンロードサイトへ

  1|234 次へ >>