本文へジャンプメインメニューへジャンプ
IZUMI CITY WEB SITE 出水市
Facebook 携帯サイト サイトマップ ご意見箱 E-mail
文字の縮小 標準 拡大

国民年金

  1|2345 次へ >>

国民年金のしくみ

国民年金は、すべての国民を対象として老後だけでなくもしもの障害や死亡の際に必要な給付を行い、国民生活の安定を図るものです。また、この制度は現役世代が高齢者世代を支えるいわゆる「世代間扶養」のしくみにより国民全体が助け合う制度です。

国民年金に加入する人

国民年金は日本国内に住所がある20歳から60歳未満のすべての人が加入します。
会社員や公務員などは厚生年金や共済組合に加入することで国民年金の加入者になります。



公的年金制度の体系図

国民年金被保険者の種類

1 第1号被保険者

日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の人で農林漁業・自営業・学生・フリーター・無職の人。


2 第2号被保険者

厚生年金や共済組合の加入者。


3 第3号被保険者

専業主婦などで第2号被保険者に扶養されている20歳以上60歳未満の配偶者。


4 任意加入被保険者

次のいずれかに該当する人は、申し出た月から任意加入できます。

  1. 日本国内に住所を有し、被用者年金制度の老齢(退職)年金を受けられる20歳以上60歳未満の人。
  2. 日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の人。日本人で外国に居住している20歳以上65歳未満の人。
  3. 昭和40年4月1日以前に生まれた人で、日本国内に住所を有する65歳以上70歳未満の人、または日本人で外国に居住している65歳以上70歳未満の人。(ただし、受給資格を満たすまで)


※海外居住者が任意加入される場合、日本国内に協力者がいないとき。

加入手続きや保険料の納付などは、日本国内に居住している協力者(親族など)が本人に代わってすることができますが、日本国内に協力者がいないときは、
年金事務所へ手続きを依頼してください。


国民年金の加入に必要なもの

  1. 年金手帳
  2. 離職を証明するものなど
  3. 戸籍謄本
      ※任意加入する方で、65歳以上70歳未満の場合必要

届け出先

出水市役所市民生活課住民年金係 電話0996-63-2111(代表)
高尾野支所総合市民課 電話0996-63-2111(代表)
野田支所総合市民課 電話0996-63-2111(代表)

国民年金の保険料

国民年金の保険料は定額で、第1号被保険者は自分で負担しますが、第2号被保険者は本人と事業主が折半して納めます。第3号被保険者は配偶者が加入する制度から拠出されるため、本人の負担はありません。 国民年金(第1号被保険者)の月額保険料は、性別・年齢・所得に係わらず次のとおりです。

国民年金保険料の推移
年度 国民年金 付加年金保険料
平成29年度 16,490円 400円
平成28年度 16,260円 400円
※ 国民年金の保険料は、20歳(20歳の誕生日の前日)の月から60歳(60歳の誕生日の前日)の前月まで納めます。原則、保険料は2年を経過すると時効により納めることはできませんのでご注意ください。


保険料の納付の方法

国民年金の保険料は、日本年金機構から送付される納付書で全国の金融機関・郵便局・コンビニエンスストアで納めることができます。市役所、年金事務所の窓口で保険料を納めることはできません。


有利な前納(一括)払いをご利用ください

国民年金の保険料を納期前にまとめて納めると保険料が割引されてお得です。前納をご希望の方は川内年金事務所(電話0996-22-5276)または市役所・各支所へご連絡ください。


口座振替は便利でお得です

国民年金保険料は、銀行や農協、郵便局などの口座から自動で振替ができます。納め忘れがなく便利でお得です。口座振替の手続きは、金融機関でできます。

※手続きには、預貯金通帳・お届け印・年金手帳(基礎年金番号がわかるもの)が必要です。



振替方法と割引額

(平成28年度 定額保険料 月額16,260円の場合)
     
振替方法 割引額
口座振替 現金納付
1 毎月納付
(翌月末振替)
0円 0円
2 6ヶ月前納
2,220円(1,110円×2回) 1,580円(790円×2回)
3 1年前納 4,090円 3,460円

4 毎月納付

(当月末振替)

600円(50円×12回) 0円

5 2年前納

15,690円 -


クレジットカードで納付できます!

手続きは、川内年金事務所または市役所・各支所でできます。


国民年金の保険料は社会保険料控除の対象です。

1年間に納付した保険料額を証明する「社会保険料(国民年金保険料)控除証明書」(はがき)が、毎年11月上旬に送付されます。なお、10月以降初めて保険料を納付した人には、翌年2月上旬に証明書が送付されます。

※納めた保険料額の証明は、川内年金事務所(電話0996-22-5276)でも再発行できます。



国民年金制度の改正について 

「国民年金及び企業年金等による高齢期における所得の確保を支援するための国民年金法等の一部を改正する法律」(年金確保支援法)が平成23年8月10日に公布されました。

◎ 国民年金保険料の納め忘れがある方
  平成27年10月から3年間に限り、納付可能期間を5年間に延長します
   現在、未払いの国民年金保険料を遡って納められるのは過去2年分までですが、平成27年10月1日から3年間に限り、過去5年分までさかのぼって納められるようになります。
   ※ 老齢基礎年金を受給している方などは対象となりません。
   3年度以上遡って保険料を納付する際は、加算金がかかります。
  
 毎月の国民年金保険料の納付は、原則として翌月末日までと定められています。納期限までに納めない 場合、障害基礎年金や遺族基礎年金が受給できないことがありますので、ご注意ください。

◎ 平成23年8月10日より、第3号被保険者が「届出忘れにより受け取れなかった年金」を受給できる場合があります。

   第3号被保険者とされていた人に新たな年金記録が見つかり、必要な届け出がされていないために受け取れなかった老齢基礎年金、障害基礎年金などが受給できるようになる場合があります。
   ※ 例えば、第3号被保険者(専業主婦・主夫)であった人が、一時期厚生年金に加入していて、その後第3号被保険者に戻った時に届出をしていなかったことが判明した場合などが該当します。

 詳しい内容につきましては、川内年金事務所(電話0996−22−5276)へお問い合わせください。

  1|2345 次へ >>